未分類

バイセル切手買取の評判

断捨離のため亡くなった父が趣味で収集していた古美術品の中に古切手が大量にありました。押し入れの中にA4ファイルがざっと20冊程、普通切手だけでなく中国切手、外国切手、プレミアム切手等々年賀状くじのおまけで当たる切手シートまでご丁寧に保管されていました。遺品のためなかなか処分する勇気がなかったのですが、坂上忍さんがやっているバイセルという買取業者のCMを見て一度切手買取査定をお願いしようと思っています。
そもそも、私と同じように切手に興味がない人にとって処分対象の切手を売りたい場合金券ショップ、チケットショップ、専門店、質屋、ヤフオク等々
いくつか方法はありますが、1円でも高く売りたい場合どこで売却すると損しないのかわからないですよね。
ちなみに民営化されたとはいえ信頼感のある郵便局では切手を売ってくれますが買取はしていません。
なので安心して売れる業者探しはすべて自分でする必要があります。
しかし切手の素人にはハードルが高すぎます。そこで実際に今もっともCMなどでも知名度のある
切手買取業者バイセルに出張査定を依頼し信頼できる業者が調べてみました。
まず、バイセルには4つの買取方法があります。1つは自宅に来て査定をしてもらう「出張買取」2つめは
宅配便にて切手を送り査定してもらう「宅配買取」3つ目はバイセルの店頭、店舗に切手を持ち込んで
査定をしてもらう「持込み買取」4つ目はLINEで切手画像を撮影し通信上で査定をしてもらう「LINE買取」
です。どの方法が良いのかは状況によって変わります。
例えば1つめの「出張買取」の場合は家に大量に切手があり梱包して送るのも大変なケース、また
とても貴重なプレミアム切手など預けるのさえも心配で実際に自分の目の前で査定をしてもらいたい人
にはおすすめです。反対に、切手の量は少量だからわざわざ出張してもらうほどではないケースや
一人暮らしの女性など1対1で見ず知らずの査定員を自宅にあげるのは心配なケース、あるいは
自分の好きな時間帯に準備して郵送できる気軽さが良い人は「宅配買取」を選ぶと良いでしょう。
バイセルの店頭、店舗は数と場所が限られているためたまたま自宅が近くにあったり、あるいは
バイセルという会社がどんなところか見てみたい人は「持込み買取」を、査定してもらいたい
切手が1、2枚だけとか売る気が全くなくとりあえず査定価格だけ調べたいケースではLINE買取
もおすすめです。
今回私が利用したのは出張査定による切手買取です。亡くなった祖父母が趣味で収集していた
ものでバラ切手だけでなくシート切手がファイル数冊分にも及び大量だったため自宅に来て
もらいました。査定員の方の対応もよく、どんな切手が高く売れるのか?いくらくらい値が
つくのか?等々切手素人の質問にも大変丁寧に答えて下さいました。
現在、切手市場は希少な中国切手や日本切手、外国切手に関しては中国富裕層の間で
高値で取引されており使用済みの切手であっても1枚数十万~数百万の価値があるものも
あるそうです。私が査定してもらった切手は額面通りの価格でしか価値がありませんでしたが
お宝切手をお持ちの方はとんでもなく高額価値が付く可能性もあるのでぜひ試してみることを
おすすめします。