記念切手

写楽|市川蝦蔵の切手買取価格と高く売れる条件

1956年11月1日発行切手趣味週間「市川蝦蔵」の切手買取価格相場と高く売るための条件を紹介します。

写楽|市川蝦蔵の切手買取価の相場

単片(バラ)100~200円
10面シート 5,000円

切手趣味週間1956年11月1日発行の東洲斎写楽画「市川蝦蔵」は「見返り美人」「月に雁」「ビードロを吹く娘」と並び浮世絵切手の四天王の1つです。

「見返り美人」や「月に雁」においては買取業者、ヤフオクなどのネットオークションなど、現在でも高値で取引されているのですが、

「ビードロを吹く娘」「市川蝦蔵」以降は切手シートであっても1万円に届くことはなく保存状態が良くないもであると
2000円程度にしかならないこともあります。

基本的にそこまで希少価値はなくありふれた切手とされています。

ただし、シミや焼けなどが一切なく保存状態が良い未使用の極美品であれば5000円程度の
価値はしっかりつきます。

写楽|市川蝦蔵が高く売れる条件

以下は切手の保存状態の良い悪いを表す基準の一例です。
当然のことながら切手にシミ、ヤケ、破れ、ヒンジ跡など傷のないきれいな状態であればあるほど価値と価格は高くなりその反対は低くなります。

切手の状態基準一覧

VF 極美品~美品
F 普通
G やや欠陥あり
D 悪い

■ヒンジ跡
NH ヒンジ跡無し
LH 少しヒンジがある
HR ヒンジ跡あり
OG 裏糊あり
NG 裏糊なし

市川蝦蔵の基本情報|切手趣味週間1956

「市川蝦蔵」は1956年11月1日に発行された切手趣味週間シリーズで
発行枚数550万枚、額面10円、10面シート(5×2)のグラビア印刷です。

東洲斎写楽は江戸時代の浮世絵師で歌舞伎役者を専門に描いたことでも
日本国内のみならず海外でも広く知られていますが、実は彼の詳細な
人生については謎に包まれています。

東洲斎写楽の作品は全140種ほどあり現在でもその中のいくつかは東京国立博物館所蔵されているため全く架空の人物ではありません。

しかし作品のほとんどが1794年~95年の10ヵ月間に作成されたと伝えられており研究者の間でも詳しいことはわかっていません。

切手買取業者バイセルに売った査定結果を公開

今回、写楽|市川蝦蔵記念切手を実際に切手買取業者バイセルに査定に出してみました。

そちらの様子を詳細に説明していますので詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。