記念切手

月に雁の切手買取価格と高く売れる条件

1949年11月1日発行切手趣味週間「月に雁(つきにかり)」の買取価格相場にと高く売れる条件について紹介します。

月に雁の切手買取価格の相場

単片(バラ)4,000円
5枚シート 30,000円

切手趣味週間1949年11月1日発行の「月に雁」は同シリーズ前年発行の「見返り美人」と同じく
プレミア切手として現在でも高値で取引されています。

専門店やヤフオクなどのネットオークションでは単片(バラ)でも1枚5000円程度で買取、落札がされており、

元々の5枚シートでさらに保存状態も良くシミやヤケなど傷のない極美品であれば「見返り美人」を上回る高額買取が期待できます。

月に雁が高く売れる条件

以下は切手の保存状態の良い悪いを表す基準の一例です。
当然のことながら切手にシミ、ヤケ、破れ、ヒンジ跡など傷のないきれいな状態であればあるほど
価値と価格は高くなりその反対は低くなります。

切手の状態基準一覧

VF 極美品~美品
F 普通
G やや欠陥あり
D 悪い

■ヒンジ跡
NH ヒンジ跡無し
LH 少しヒンジがある
HR ヒンジ跡あり
OG 裏糊あり
NG 裏糊なし

月に雁の基本情報|切手趣味週間1949年

「月に雁」は1949年11月1日に発行された切手趣味週間シリーズ、
「見返り美人」「ビードロを吹く娘」「市川蝦蔵」と合わせた戦後の記念切手の中で
3番目に発行された記念切手ですが、買取価値は4つの中で単片、シートとも最も高いです。

切手の額面に「800」と書かれていますが、これは800円切手ではなく8円切手。
全発行枚数は200万枚、5枚シートで発行されました。

そのため現在バラ切手として見かけるものは元々1枚ずつ販売されていたものではなく5枚シートの1枚です。

一般的にシート切手はバラバラになってしまうとその価値はグンと下がりますが、
「月に雁」はバラ1枚でも他の切手と比較すると高値がついています。

美的価値としての特徴は菱川師宣の見返り美人図に続き浮世絵師安藤広重の作品を
使用したことがヒットした要因です。

またタテ68㎜、ヨコ30㎜と超大型切手であり、「見返り美人」同様の目打がされています。

余談ですが「月に雁」の作者であり「東海道五十三次」
でも有名な浮世絵師、安藤広重と歌川広重は同一人物で本名の安藤重右衛門と師匠である
歌川豊広から1字ずつ取り「歌川広重」と名乗りました。

【復刻版】月に雁|郵便切手の歩みシリーズ第6集1996年

単片の買取価格は額面80円より高値でつくことはありません。
1994~1996年(平成6~8)に発行された郵便切手の歩みシリーズの最終回第6集にて
見返り美人とセットで復活しました。

特徴的なのは見返り美人図2種と月に雁2種の4種連刷のシートで
1種類ずつ色合いが異なるのが特徴です。「月に雁」では1949年の単色刷りを再現したパターンと多色刷りのパターンになっています。1000万組発行。